it made my day

おもしろい人生を送るために日常を整え中。

GWの車中にて想う。

おはようございます。

わふこです。 

 

GW前半、結婚式に出席してきました。

家族で野を越え山を越え行ってきました。

 

 

東京はもう初夏の陽気。

でも高速で山を越える時はまだ春。

ふわふわとした山桜も観ることができるし、山藤なんか堂々と咲き誇っている。

昔話の挿絵で観る春の山ってこれだな〜なんて思う。

 

 

もともと東京に住んでいたが、夫が転勤になって4年間地方で過ごした。

そして東京に戻ってきて1年になった。

 

地方での暮らしはよほど私に合っていたのか、毎日海や山を眺めおいしいごはんを食べてのびのび過ごした。

時間が余ることもあった。

 

そんな田舎時間に慣れきってしまった体と心を東京時間に戻すのは辛かった。

昨年の4月は愚痴ばっかり言ってた気がする。

 

それでも1年住めば慣れてしまう。

人が多くてうるさかった最寄りの繁華街も、今となっては「あぁ、帰ってきたな」とほっとする。

下町だからかご近所さんは優しいし、やはり東京の交通は便利だ。

憧れのお店もすぐ行けるし、美術展も豊富。

東京を楽しむようになった。

 

 

そんな都会時間に慣れたわたしだったが、

田舎の広々とした風景の中を駆け抜けていくと、じんわりと体がほぐれていくのを感じた。

空が広くて呼吸が深くなる。

手足を伸ばしてもどこにもぶつからない。(実際には車のシートにぶつかるんだけど)

 

ふだんどれだけ縮こまっていたのだろう。。

 

 

また田舎に住みたいなぁとは安易に口に出せない。(ほんとはめっちゃ言ってるけど)

夫の仕事があるし、地方での生活を甘くみてはいけない。

それでもこれからの人生の選択肢には入れておきたいと思う。

 

 

 

気持ちいいね〜やっぱりいいね〜と夫としゃべりながら、広い風景を横切る。

でも今はこの感覚を東京の生活にいかに持ち込むかが大事だね、

と言い合って家路を目指した。

 

 

おしまい。