it made my day

おもしろい人生を送るために日常を整え中。

好きよ、ベローチェ

おはようございます。

わふこです。 

 

f:id:waffuu:20180211154139j:plain

 

 

カフェにはいろんな種類があり、それぞれに良さがある。

 

今日はカフェベローチェについて語りたい。

わたしはベローチェが好きだ。

何が好きかって言ったら、その懐の深さである。

 

 

まず、そのおおらかな店内が好きである。

光がよく入りそうで、明るめだけど、落ち着いている。

どーんと見渡せる視界の広さ。

席が多くたくさんの人を受け入れることができるのに、通路が広くてゆったりした雰囲気がある。

 

だから色んな人がいる。

社会人はもちろん、PCを開く大学生、勉強する高校生、コーヒーゼリーを食べるおばあちゃんグループ、親子連れ、黙々と何かしているおじさん、元気な3世帯、買い物ついでの夫婦…

みんな思い思いに過ごしている。

 

この幅広い客層も、「ここにいていいんだ。」という安心の空気感を演出しているのだと思う。

 

わたしは完全にベローチェに心を許している。

 

 

 

 

正直、レトロな老舗喫茶店はまだまだ緊張する。背筋がピッとなるのだ。

 

インスタ映えするようなお洒落なカフェも好きだが、品良くしようとしている。そして刺激的である。緊張もする。

 

馴染みのステキなカフェも、お行儀よくする。大切だからこそ、会話に気をつける。

 

スタバも大好きだ。ドリンクもスイーツも好きで空間にすごく癒される。でも迷惑かけてないか気にする。大抵混んでいるので長時間居座るのは避ける。

 

ドトールも大好きだが、店の狭さと席の近さゆえに遠慮がちになる(店舗による?)。

 

マックも大変お世話になっているが、ファストフード店なだけに少し忙しない。

 

(勝手にヒエラルキー感じてるだけかしら??)

 

 

 

そしてベローチェ

幅広い客層と広めの店内、店員さんとの交流の少なさゆえ、とても居心地が良い。

値段も良心的で気軽に入れる。

お洒落すぎず、場違い感とか気にしなくて良い。

席が多いので激混みには出会ったことがない。

通路の適度な距離が、他のお客さんのおしゃべりを遠のけ、自分に集中できる。

ずっと居ても、わたしよりもっとずっと長居してる人がいる。

もう1杯飲もうかなと思える。

 

ベローチェはとにかく楽なのだ。

気を使わず好きなことをして過ごすことができる。

もちろん最低限のマナーは守っている。家じゃないから。

でも本を読んだり物書きしたり、スケジュールを立てたり書類を作成したり、

そんなことに集中したい時はベローチェが最適である。

歩き疲れた時も、飲み物とそのおおらかさで包み癒してくれる。

もちろん家族で行っても受け入れてくれる。 

 

わたしにとってベローチェは理想的な避難所かもしれない。

安心して自分でいることができる居場所のひとつだ。

この世にベローチェがあって良かったと心から思う。

本当に救われている。

ありがとう。

そしてどうぞこれからもよろしくね、ベローチェ

 

 

 

あ、抹茶ラテが甘くないのも嬉しいポイントである◎

今度はコーヒーゼリー食べよう♪

 

 

 

 
本日のまとめ
 
おしまい。