it made my day

好きなことを、好きなだけ。

さて、幸福度はあがったのか?

こんにちは、わふこです。

 

 

今日は2019年の振り返りです。

 

2019年のテーマ、

『自分と家族の幸福度を上げる』

はどうなったのでしょうか?

 

waffuuwaffu.hatenablog.jp

 

この1年、このテーマで色々調べてみたりチャレンジしてみました。

幸福度を上げるには自分が何でテンションが上がるか、嬉しいのか楽しいのかほっとするのか、それを知るために時間を費やしました。

(もはやこれは永遠のテーマかもしれない。。。)

 

 

 

 

結論、

ちょっと上がったと思う〜〜〜!!

 

 

 

 

 

さぁ効果がありと感じたものがこちらです!

 

 

わふこ的!幸福度を上げる方法2019

 

【家庭円満編】

1.家族写真や思い出写真をやたらと飾る

ふとした時目に入って楽しかったね、可愛いね、と幸せな気持ちと会話が生まれるので本当に良い。

 

2.非日常をより一層味わう

ディズニーランドなどに行った時、ピカピカ光るもの(今まではムダな出費だと決め付けていた)を家族でつけて歩いた。それだけではしゃいだ。いつもしないことをみんなでやって楽しむのはすごく良い。

 

3.子どもの好きなものを一緒に楽しむ

ポケモンシンカリオンにはまった息子4歳。みんなでポケモンGOをしたり、アニメを見るために日曜日は18時に帰っている。お風呂やドライブで主題歌を歌っている。20年を経てポケモンの歌を歌うとは思わなかった。。でもみんなでニコニコして楽しい。

 

 

4.テンション上がるお出かけを把握

うちの場合は沖縄旅行、ディズニー、ダチョウ王国やマザー牧場、アウトレットモール、焼肉。ご褒美として、楽しみだね〜〜と言いながら待つのも楽しい。

 

 

5.寝る前に楽しかった思い出を話す

息子の幼稚園がキリスト教系なのでお祈りの習慣ができた。うちは無宗教だけど、このお祈り風今日の振り返りはとても良い。たまに子どもに怒ったことも謝る笑

 

 

つまり、楽しい、嬉しい、ドキドキの体験を共有して反芻する時間を増やすのがポイントである。

 

当たり前のことかもしれないけど、これはオススメです。

 

 

【自分の世界編】

まず大前提として、自分の価値観を知ることが大事である。

だからこれは本当に私のための方法です。

 

1.予約できることは予約する

安心感を得ることで心配や不安でいる時間が少なくなります。行き当たりばったりのわたしでしたが、自分の中で安心感がとても重要だと気づいてから進んでやるように。

 

 

2.時にはタクシーを使う

疲れや時間を考えるとタクシーは本当にありがたいです。運転手さんにもお金にも感謝しかない。

 

 

3.自分だけのリスト作り

不安になったりネットをだらだらみてしまいそうになった時、そしてやりたいことが見つからず動けない時などに。自分に集中することで満足感を得られました。しかも楽しい。

 

 

4.ちょっといい服(自分比)を着る

9年ほど着ていたトレンチコートを手放して新たにステンカラーコートを購入。着るたびに嬉しい。嬉しい時間が長いとご機嫌でお出かけもうきうき。秋口にTシャツのカシミヤのカーディガンを羽織ったときのふわふわの肌触りも嬉しく、身に付けるものの大切さを改めて感じました。

 

 

5.夜にときめくものを散りばめる

午後から子どもを寝かしつけるまでバタバタで(しかも寝落ち)自分の時間は諦めていたけど、夕食作り前に1杯のワインを飲んだり、子どもにも優しい入浴剤を使ってお風呂タイムを楽しんだり、良い石鹸を使ったり、少しの間だけキャンドルに火を灯して5年日記をささっと買いたり、寝る前にいい香りのハンドクリームを塗ったり。子どもが小さくても夜の楽しみを諦めないことにしたら、ちょっと気持ちが上がりました。

 

 

6.とにかく子どもを抱きしめほっぺをハムハムする

説明不要!最強の癒し!

 

 

 

7.鉄瓶でお湯を沸かす・土鍋でごはんを炊く

やっつけになっていた炊飯をちょっと手のかかる土鍋で炊くことにしました。そこまで煩わしくもなく『手をかける』ということに癒されている自分に気づきました。ちょっと残しロスもなくなりストレスも減りました。鉄瓶も同様に手をかける嬉しさを感じています。

 

 

 

このようにわたしの方法は様々です。

 

 

 

幸福度が上がったとも思うけど、

イライラもいーーーっぱいしました。

仕方ない、人間だもの。

 

 

 

 

今年も小さな幸福を見つけて実践して、イライラを減らしていきたいな。

(イライラを減らすことが幸福度を上げる最短距離かもしれない。。。)

 

 

 

 

 

では、また!